久米工業株式会社

HISTORY

 > 久米工業株式会社について > 沿革

沿革

1948年 3月
名古屋市南区明治地内にて久米俊次により創業
1953年 3月
1同区笠寺町地内にて会社設立(資本金50万円)
1955年 8月
同区明治一丁目10番14号に新工場竣工
1966年 3月
豊田第1工場竣工
資本金350万円に増資
紡績機械部品の増産体制を図る
1970年 3月
資本金700万円に増資
紡績機械部品の製造/販売の一本化を図る
1975年 3月
建築総合展(名古屋)にバルコニーを出品する
住宅機器部門を設立
アルミ製バルコニー等の研究/開発を開始
9月
豊田工場にて量産体制を整える
ブランド名「サントル」としてバルコニーの発売を開始
1978年 1月
日本エクステリア工業会(旧:日本バルコニー)入会
1979年 3月
資本金980万円に増資
1982年 2月
施工工事部設立
3月
資本金1960万円に増資
7月
大阪営業所開設
11月
営業の合理化と技術向上により愛知県知事表彰を受賞
1983年 3月
資本金3000万円に増資
1984年 3月
資本金4100万円に増資
1985年 3月
資本金4700万円に増資
1986年 3月
横浜営業所開設
1987年 3月
優良企業として中小企業庁長官表彰を受賞
4月
久米伸治が代表取締役に就任
1990年 4月
資本金6000万円に増資
9月
三好工場竣工
1991年 3月
紡績機械部門の廃止
9月
名古屋本社社屋竣工
11月
東京営業所開設
1992年 5月
資本金8775万円に増資(第三者割当)
1994年 1月
豊田第2工場開設
1995年 11月
千葉営業所開設
1996年 7月
資本金1億5000万円に増資(第三者割当)
兵庫営業所開設
1997年 4月
関東支店社屋(横浜)竣工
1998年 2月
資本金2億4000万円に増資(第三者割当)
4月
大阪北出張所開設
1999年 4月
兵庫営業所を閉鎖し、大阪営業所と統合
リサイクル木材『 スーパーウッド 』の販売開始
6月
相模原センター開設
2000年 7月
西戸軽金属センター開設
2001年 6月
相模原センターを閉鎖し、横浜営業所と統合
2002年 3月
製造部門統合のため豊田工場の隣接地を取得
5月
豊田第2工場を閉鎖し、新豊田工場に統合
西戸軽金属センターを閉鎖し、新豊田工場に統合
8月
新豊田工場に生産工場4拠点を統合
三好工場を閉鎖し、新豊田工場に統合
2003年 7月
東京営業所、規模拡大のため事務所移転
8月
大阪北出張所を閉鎖し、大阪営業所と統合
関東支店に営業開発を開設
11月
SAP R/3 4.6C を導入し、基幹システムを移行
2004年 5月
環境循環型木材『 サントルe-WOOD 』の販売開始
2005年 7月
千葉営業所、規模拡大のため事務所移転
2006年 4月
関西支店、規模拡大のため事務所移転
エクステリア営業開発、e-WOOD営業開発を新設
特販営業所を改め、ビル建材営業所と名称統一
2007年 4月
ビル建材事業部を新設
2008年 3月
主力製品である手摺の新しいブランド『 WillLine 』をリリース
笠木『 WillGuard 』、外装建材『 WillLouver 』をリリース
9月
ISO9001:2000(登録番号:Q1424)認証取得
2009年 5月
千葉営業所、事務所を移転し横浜支店に統合
2010年 4月
『ファームポート』の販売開始
『ソーラーポート』の販売開始
SOLAR事業部とLED事業部を新設
8月
資本金を1億円に減資
10月
久米伸治が代表取締役会長に就任
久米隆嗣が代表取締役社長に就任
2011年 4月
第1次3ヵ年中期計画 --世代交代-- を開始
9月
ISO9001:2008(登録番号:Q1424)認証更新
2012年 10月
千葉営業所、規模拡大のため千葉県船橋市に開設
2013年 12月
東京支店、規模拡大のため埼玉県朝霞市に移転
2014年 4月
第2次3ヵ年中期計画 --新事業育成-- を開始
ベトナム・ホーチミン市に久米工業ベトナムを設立
2016年 3月
久米伸治が代表取締役会長を退任
名古屋駅前に2年間限定ショールームをオープン
2017年 3月
年間受注総額が50億円を突破
4月
第3次3ヵ年中期計画 --新規の獲得-- を開始
2018年 3月
創業から70周年を迎える
BACK