久米工業株式会社

EFFORT

 > 久米工業の強み > 久米工業の取り組み

久米工業の取り組み

はじめに

久米工業はアルミ建材を主として、手すりやカーポート、笠木、テラス、ベランダ、間仕切り、バルコニーといったものの開発・販売・製造・施工を行っています。取引先は地場の工務店から、スーパーゼネコンまで、様々な企業に支持を頂いています。特に本社を構える愛知県下では、主力製品の手すりは4割のシェアを誇っています。

数字だけではあまりイメージがつかないかもしれません。
みなさんの生活範囲を思い出してみてください。マンション、病院、大学、様々なところに手すりはついていませんか? バリアフリーのような考え方がひろがり、昔に比べると様々な建物で手すりは付くようになりました。その内の4割が当社の手すりなのです。
知らない内に、みなさん一度は当社の製品に触れたことがあるかも知れません。

はじめに

取り組み

時代にあわせた「地球に優しいアルミ建材」

当社が主に扱っているのはアルミ建材。
みなさんはアルミが100%再生可能資源であることをご存知でしょうか?アルミはとても地球に優しい資源なのです。当社が扱うこのような「地球にやさしい商材」が、今求められています。

現在はさらに、ソーラーパネルやLEDといった時代に合わせた新しい商材もどんどん取り入れています。例えばカーポートの屋根に太陽光発電の設備を搭載した『ソーラーポート』や、LED照明付き手すり…販売以来、こうした製品の可能性に手応えを感じています。

その他にも、異業種8社とコラボレーションをして環境保全製品の共同開発を推進する等、環境問題への取り組みに力を入れています。今後もこうした新規商材を使った商品にさらに力を入れていきます。

製品ひとつひとつへの想い

当社の強みは開発・販売・製造・施工までを一貫して自社で行う事。
「つくるだけ」ではなく、「売るだけ」でもなく、「取り付けるまで全て」行います。こうした体制があるからこそ、個別の案件に対応するような特注品が得意です。

大企業では対応できないニッチな作業にも応えることが出来ることが、支持を受け続けている理由です。

製品ひとつひとつへの想い
BACK